鉄のお道具屋
Text Size :  A A A
|  おしらせ  |  日々のこと  |  作品展風景  |  お仕事  |  お道具屋  |  Bbs  |  リンク  |  プロフィール  |  問合せ  |
Img_cb9ae0992074878631a1038ba5dd291c
Img_5626a9e214ca102dc35213755a7f26ac
十和田市商店街のアートステーションにショーケースを借りて作品を展示しています。それを見た
地元の方が、ご自宅で使う手燭のリクエストを下さいました。夏に帰省した時に1度お会いして、
実際に使うローソクを見せてもらいました。市販の燭台だと、針が細すぎ短かすぎ、ローソクが
ぐらついて使えないそうです。

見せてもらったローソクに合わせ針の太さや長さ、それに見合うお皿の大きさ、足の長さを考えた。
長いローソクですから土台がそこそこ重くないと、ローソクの重さで倒れてしまう。またお客様は、
ローソクが倒れないように輪っかを付けてほしいとのこと。確かにその方が安心ですね。実はこの
輪っかをつけるのは、私には初めてのこと。試行錯誤でした。
Img_737b6d378d0b02e30f8239d6d07f374a
Img_32f837f0c1201644575d5773f1fa944f
お客様のローソクと同じサイズを立ててみた。うん、これなら大丈夫。
輪っかも頑丈についているしローソクが倒れることはないでしょう。
写真の手燭は、嬉しいことにお二人の方が一つずつ買ってくれました。


昔の手燭についてる輪っかは、お皿の中心からにゅーっと伸びて
緩やかにカーブしている。どうやって固定してるんだろう???