●せんとくん

まほろばって何かなあ

せんとくん。超接近

久し振りに日本橋へ。友人の作品が染織展に入選、日本橋三越本店に展示されるというので、
去年に引き続き見学に行った。彼女は芥子色の紬を出展していた。反物の色柄を決めたら、糸を柄のとおりになるように計画して染めて、布に織り上げる。その工程の長いこと、以前着付けを習っていた頃、紬の織工房に見学にいったけど、職人さんの苦労を考えたら着物って意外と安いなあと思ってしまった。
他には江戸小紋や沖縄の紅型、芭蕉布、友禅染め、などなど。着物って、衣桁にかけられたら一級の美術品だなあと、しみじみ感じ入りました。
時間が余って、三越から見えた奈良まほろば館へ。
せんとくんの額のスイッチ、ついつい押したくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です