● 美しきペネロペ

抱擁のかけら

ペネロペ・クルスを崇拝する私は、ついつい彼女が出ている、と
いうだけで観に行ってしまいます。今回のは、昼ドラさながらの
愛憎劇で、さすがスペイン映画。1回見たらもうお腹いっぱい。
一昨年の『それでも恋するバルセロナ』は、とっても良かったなあ。
現在35歳だそうです。ますます深みが増して、『それでも〜』では、
狂気じみた芸術家役もはまってました。 『NINE』 楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です